ノーローンの融資には保証人は要らない?

ノーローンの融資には、保証人無く利用可能です。
ノーローンの利用は、年会費もかかりませんし当然保証人や担保も必要なく利用可能な融資となります。

クレジットによくある入会金や年会費も全くかからずに利用出来る融資ですので、お得に利用が出来る融資商品となります。

またノーローンの融資を利用すると利用の際にもATM手数料等もかかりません方そうした部分でもお得ですし、夜間の利用でも手数料がかからずに安心して利用可能です。
消費者金融業者の融資は、そもそも保証人も担保も必要としない融資ですが、ノーローンも消費者金融業者ということで同様に保証人や担保が必要ありません。

ただし、利用に伴いその日数分には利息が発生致しますが、ノーローンの融資はその利息も1週間程度の利用が目的の融資なら利息無く借入が可能ですから、非常にお得にキャッシング出来る便利な融資です。
お給料日まで後5日もあるのにお金が無い‥。

そんな時に役立ち利息なしに利用出来るのがノーローンの融資で、ノーローンは、1週間で借入と返済を済ませる事により、翌月から再度1週間無利息で利用出来る融資となりますので、大変お得で便利なキャッシングだと思います。
利息がつかずに融資が実現出来る融資商品はいくつもありますが、何度でも1週間無利息で利用次第では永久に無利息で利用出来るのはノーローンの融資商品だけです。

利息がつかない融資商品なら、当然金利の部分も気にすることなく利用できますので、ノーローンの融資商品は、短期融資の利用者には大変人気です。

生活をする中では、何かと要り用になる事も多く急にお財布にお金が無い‥という時もあります。

そんなお給料日まであと少し‥というような融資にはこのノーローンの融資が断然おススメで、金利無くお金が借りられる融資となり得るので「金利は低い方がいい」という方にもノーローンの利息のかからないキャッシングは大変お勧めです。
1週間何度借りても金利0円を実現しているのはこのノーローンの融資だけです。

Posted in ノーローンの融資には保証人は要らない? | Leave a comment

楽天銀行カードローンの審査は厳しい?

楽天銀行カードローンは間口が広いカードローンといわれており、利用を考えている人も多いようですが、審査は厳しいのでしょうか?

楽天銀行のカードローンは銀行のカードローンですが、インターネットバンクということでネットから申し込みをすることになっており、審査も最短は即日融資が可能というスピーディーな対応が可能です。

金利の半額キャンペーンなどもよく開催されており、また主婦も申し込みが可能という間口を広くして、顧客拡大に力を入れています。そのため、審査も通過しやすくなっていることが考えられます。

しかし、楽天銀行カードローンは低金利が実現していますので、審査基準に年収制限があります。主婦の方やパート・アルバイトの方は、基準も低めに設定されているはずですが、通常は年収300万円以上でないと審査を通過するのは難しいといわれています。

年収が基準に達していれば、楽天銀行カードローンは金利も低く、ポイントなどの特典もあって、カードローンとしては利用価値のあるものでしょう。

もし今までに借入などをしていた人であれば、状況によっては厳しくなることもあります。また、カードローンの申し込みをして審査に落ちたときに、すぐにまた別のカードローンを申し込んでしまうと、NGだった履歴が信用情報機関に残っていますので、さらに審査に落ちやすくなってしまうこともあります。

年収や今までの借入の履歴などが気になる場合は、ネット上に無料で審査をするサービスなどもありますので、利用して仮の審査をしてみるのもおすすめです。

すぐにお金が必要ということでなければ、少し時期を見て申し込むとよいでしょう。

審査に通るためには、申し込みに必要な情報を正確に届けなかったり、借入がある人が正直に申告しなかったりすることは、絶対に避けなければなりません。嘘を届け出ても必ずバレて、さらに信用がなくなるだけですので止めましょう。

フリーローンの審査に通るには、まずは個人の信用が大切です。

Posted in 楽天銀行カードローンの審査は厳しい? | Leave a comment

オリックス銀行カードローン

どんなカードローンにもメリットとデメリットがありますが、オリックス銀行カードローンのデメリットは何でしょうか?

オリックス銀行カードローンの利用者の規定として、「満20歳以上65歳以下、年収200万円以上」という条件が記載されています。年齢制限は他の金融会社のカードローンとほぼ同じですが、年収条件があるのはやはり銀行という審査が厳しい金融会社であることを表しています。

年収条件があるのは、パートやアルバイトの働き方をしているような人には、年収が少なくて難しい可能性があるかもしれません。

ちなみに、オリックス銀行のおまとめローンの場合は、年収条件が500万円以上の給与所得者となっています。これは、年収の高いサラリーマンを対象としているということですから、自営業などの事業者は利用できないということですね。

次のデメリットとして、オリックス銀行カードローンは少額の借り入れの場合は、金利が高くなることです。高額の借入の場合は金利が低くなるのですが、少額の借入では金利が高いのが、実はオリックス銀行カードローンの特徴で、デメリットです。

ただし、金利が高いと言っても、消費者金融系のカードローンと比較すれば、ほとんど変わらないといえるでしょう。ですから、少額の借入より高額の借入に向いているカードローンなのです。

そして、オリックス銀行カードローンは即日審査と謳っているのですが、実際に借入をするまでは3日~1習慣程度かかります。即日融資が可能な消費者金融系のカードローンと比較すると、これはかなり時間がかかることになりますので、大きなデメリットといえます。

また、借入希望額が大きいと、さらに審査や手続きに時間がかかり、1週間かかることは珍しくありません。早急にお金を用意したいという人には不向きです。

このようなデメリットも知っておき、自分に合ったカードローンを選んで利用したいですね。

総量規制で選ぶならバンクイックも検討してみましょう。

Posted in オリックス銀行カードローン | Leave a comment

プロミスのカードローン金利

通常、プロミスには5つの個人向け無担保カードローンが用意されています。

その5つの個人向け無担保カードローンとは、「フリーキャッシング」「おまとめローン」「自営者カードローン」「目的ローン」「レディースローン」の5つのカードローンです。

そして、それぞれの適用金利は、「フリーキャッシング」が実質年率6.3%~17.8%で、「おまとめローン」の適用金利が実質年率15%で、「自営者カードローン」の適用金利が実質年率6.3%~17.8%で、「目的ローン」の適用金利が実質年率6.3%~16.5%となっています。

更に、「レディースローン」の適用金利は「フリーキャッシング」の実質年率6.3%~17.8%と同様の金利が適用されます。

これらの適用金利は下限金利と上限金利で約10%の開きがあります。

10%の金利の開きは、顧客にとっては非常に大きな金利の開きです。

それでは一体どの様な要素で、それらの適用金利が決まるのでしょうか?

実質的には申込者の審査によってクレジットスコアが決まり、クレジットスコアによって融資の可否と融資が認められた場合は融資の上限額と適用金利が決められます。

つまり、信用力が有り将来のローンの返済に不安が無い人には低い金利が適用され、信用力が劣り将来のローンの返済に不安が有る人には相対的に高い金利が適用されます。

それはカードローンの適用金利の決め方に限ったルールではありません。

例えば世界の国債市場を見ると同様の原則が働いているのが解ります。

例えば、ここ数年世界経済の懸念材料となっている欧州の国債市場を見ると明らかです。

欧州の国債市場で最も低い金利で発行されているのはドイツ国債です。

それはドイツの経済が欧州で一番良い状態だからです。

また、国の財政規律も最も守られた国と言えます。

一方、欧州の国債市場で最も高い金利で発行されている国債は、ギリシア国債やスペイン国債です。

それらの国は国家の膨大な債務を抱え、国の財政規律が問題となっている国だからです。

プロミスとよく比較されるモビット!銀行系で安心感抜群ですよ!

Posted in プロミスのカードローン金利 | Leave a comment

プロミスから借入出来る限度額

プロミスのようにあらゆる消費者金融会社では、借入限度額が定められています。

通常の申し込みであれば50万円以内の借入であればいつでも可能です。

例えば、1度に50万円借入する事も出来ますし、10万円ずつであっても良いですし、50万円以内を限度額として回数に制限はありません。

仮に50万円借入してこれ以上借入出来ない場合でも返済する事でまた繰り返し50万円まで借入する事が出来ます。

50万円以上の借入を希望する場合には、別に収入を証明できる書類の提出が必要となり、限度額は、300万円までとなっています。

最大300万円までは、収入を証明できる書類の提出が必要となりますが、土地などの財産を担保する事で最大で500万円まで借入を行う事が出来ます。

50万円以内の借入であればアルバイトやパートの方でも満20歳以上で一定の収入があり、必要書類の提出と他社からの借入が無い人であればほぼ間違いなく借り入れを行う事が出来ると思います。

50万以上になると収入証明書の提出があり、審査も若干厳しくなるようです。正社員でボーナス支給のある方や会社を経営されている人であれば借入する事が出来ると思いますが、アルバイトやパートの方だと難しいのでは無いかと思われます。

それは、借入額が多ければ多いほど、返済額も多くなりアルバイトやパートの収入だと負担が大きくなる恐れがあるからです。

あと、他社からの借入がある方は、要審査となり限度額が制限される事があります。

例えば、通常の借入であれば50万円までの限度額ですが、20万円までと制限される事もあります。

借入金額の用途は、自由で担保有りであれば最大で500万円迄借入を行う事が出来るので様々な用途に使用する事が出来ると思います。

ごくたまにですが、利率の低下・限度額引き上げのために希望であれば収入証明書の提出を求める連絡が来ます。

プロミスのように消費者金融は、多く借入させるほど、利息からの収入により儲ける事が出来る商売である事からご案内の連絡だと思って良いと思います。

あくまで希望者のみ提出が必要であり、催促では無いので、希望しない場合、断っても構いません。

Posted in プロミスから借入出来る限度額 | Leave a comment